暗紋

暗紋シリーズ

鋼を彩る波紋の揺らぎ、世界に一つだけの美しさ

磨き上げられた鋼の上に広がる波紋。津軽打刃物「暗紋」は、二唐刃物鍛造所独自の技法です。
「暗紋」は、弘前市の隣、世界遺産白神山地の麓、西目屋村にある暗門滝の波紋からヒントを得たできた模様です。世界遺産白神山地の麓にある暗門の滝は、ブナや松の老樹が生い茂り、険しい岩壁に囲まれた中を流れる暗門の滝と滝壺に広がる波紋の模様は、神秘的な雰囲気が漂い、訪れる人を魅了します。

暗門の滝にインスパイアされ誕生した「暗紋」は製造工程が特殊で、鉄と鋼を幾重にも重ね磨き上げることで、暗門の滝のような美しい模様を作り出します。一つとして同じものの無い波紋の中に暗門の滝のような無限の美しさを感じとって下さい。

暗門の滝 白神山地

350年の歴史に裏付けられた切れ味・頑丈さ

25層に鋼を幾重にも重ね、何度も打ち付けできる波紋模様は、鋭い切れ味と頑丈さを備え、さびにも強くなります。手打ち商品の為、一つとして同じ模様は作れず、世界に一つだけの波紋模様は神秘性をおび、品質、デザイン性ともにお使いになる皆様を魅了することでしょう。

世界を魅了する品質・技術

日本料理や文化が海外に広まるに従い和包丁も注目され、海外の料理人だけでなく、一般の人達にも人気が出ています。二唐の包丁も、世界最高峰のインテリア・デザイン関連見本市
パリ・メゾン・エ・オブジェや、ドイツのフランクフルト開催された世界最大級の消費財の見本市などに出展し、注目を集めました。
メディア・展示会ページはこちら

フランス展示会

ページ上部へ戻る

暗紋製品動画

ページ上部へ戻る

制作依頼や修繕などお気軽にお問い合わせください

ページ上部へ戻る

製品一覧

暗紋和包丁

製品はすべてオーダーメイドで一つ一つ手作りのため、色や模様は写真と異なります。また、サイズも記載と若干誤差がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る



和包丁・牛刀(黒壇柄使用)

和包丁・牛刀(黒壇柄使用)

日本料理は、味や盛り付けもさることながら、素材の新鮮さや切り口の美しさを重視する料理ともいえます。四季折々に採れる様々な旬の食材の調理方法にあわせて、和包丁には多くの種類があり、また、どんな食材でも早く美しく仕上げられるよう片刃のものが多いです。片刃にすることで刃が素材に対して鋭角入り、切り口も美しく、見た目も綺麗に仕上げる事ができます。二唐刃物の和包丁も基本的には片刃で、(菜切包丁など用途によっては両刃もございます。)熟練した職人によって一丁、一丁手作りで作られています。

相出刃包丁(黒壇柄使用)全長32.0cm

相出刃包丁

片刃 / 刃渡り6寸 / 全長32.0cm

身卸包丁(黒壇柄使用)全長32.0cm

身卸包丁

片刃 / 刃渡り6寸 / 全長32.0cm

三徳包丁(黒壇柄使用)全長32.0cm

三徳包丁

片刃 / 刃渡り6寸 / 全長32.0cm

薄刃包丁(黒壇柄使用)全長32.0cm

薄刃包丁

片刃 / 刃渡り6寸 / 全長32.0cm

菜切り包丁(黒壇柄使用)全長32.0cm

菜切り包丁

両刃 / 刃渡り5.5寸 / 全長32.0cm

柳刃包丁(黒壇柄使用)全長34.0cm

柳刃包丁

片刃 / 刃渡り7寸 / 全長34.0cm

刺身包丁(黒壇柄使用)全長38.0cm

刺身包丁

片刃 / 刃渡り8寸 / 全長38.0cm

ページ上部へ戻る

制作依頼や修繕などお気軽にお問い合わせください

製品はすべてオーダーメイドで一つ一つ手作りのため、色や模様は写真と異なります。また、サイズも記載と若干誤差がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページ上部へ戻る

刃物事業部 製品一覧
業務用包丁

不純物が少なく繊細で鋭利な刃。切れ味抜群で錆びにくい

家庭用包丁

刃こぼれ・刃欠けがしにくく頑丈。持ちやすくて錆びにくい

その他の製品

灰皿や文鎮、ペーパーナイフなど海外でも注目されています


暗紋シリーズ

波紋が織りなす世界に一つだけの模様

磨き仕上げ包丁

侍の魂を受け継ぐ、鏡のような美しさ

二唐刃物の品質はもちろんデザイン性が世界に評価され、いまや日本だけにとどまらず注目を集めています。

刃物の製造工程を見る
英語版サイトを見る

鉄構事業部

侍の時代から続く刀鍛冶の技術がいきる鉄骨下地・鉄加工製品

暗紋シリーズなど歴史と伝統の刃物市製品の紹介はこちら

ページ上部へ戻る